みなとアセットマネジメント アパート・マンション経営から私的年金構築まで幅広い不動産投資コンサルティングをご提供

東京・首都圏の不動産投資みなとアセットマネジメント株式会社

Home > お役立ち情報  フルローン物件にこだわるなら記事一覧  > フルローン物件購入における失敗

フルローン物件購入にこだわるなら   No.i2-014

フルローン物件購入における失敗
2010年1月21日

フルローン投資の失敗で怖い話を聞いたのでご紹介します。

ある都市銀行にてですが、不動産契約書に基づいて融資の稟議を通して、
ローン契約の申し込みも得てローンを実行したのですが後日契約書の「偽造」が発覚したそうです。
良くある古典的な手法ですが、銀行に提示する売買契約書(例えば1億2000万)と
実際の売買契約書(1億円)を2つ作成して
それにそれぞれ署名押印して銀行には偽の契約書を提出したそうです。
銀行としては1億2000万に対して1億円を融資したわけですが、
実際の売買契約書が1億円であれば当然ながら9000万とか
その前後の数字になっていたはずです。(通常の取り扱いの場合)

よって借主の約定違反となり期限前一括返済を銀行から迫られたようです。
現在フルローンで物件が誰でも買えると指導している業者には同様の事をしている先もあるそうですが、
刑法における「有印私文書偽造」という罪になるのを理解されているか疑問です。

ときどき、お客様から前回はフルローンで買ったのですがと
書類を見せてもらいますが、明らかに物件の実力以上の借入をされており
詳細を聞くと同様な回答を受けます。

こういう話は自分はうまくやっていても誰かが債務不履行になる等して
その際に他の融資も調べたりして発覚するものです。
今後、正規でフルローンを獲得した方は兎も角そうで無い方は上記の様なリスクを背負っている事になります。

http://www.minato-am.com/

みなとアセットマネジメントは不動産投資コンサルティングとして・アパートマンションビル経営・フルローン他アパートローン等投資用ファイナンス紹介・ファンド解約物件紹介・任意売却物件紹介・私的年金構築・相続対策等富裕層向けにご紹介