みなとアセットマネジメント アパート・マンション経営から私的年金構築まで幅広い不動産投資コンサルティングをご提供

東京・首都圏の不動産投資みなとアセットマネジメント株式会社

Home > お役立ち情報  その他投資関係記事一覧  > 『M&AにおけるCRE戦略』セミナー(M&A関係と遊休不稼働地の活用)

その他投資関係   No.i8-025

『M&AにおけるCRE戦略』セミナー(M&A関係と遊休不稼働地の活用)
2010年7月23日

先日明治大学のグローバルビジネス研究科の不動産投資関連のセミナーに参加してきました。
CRE(Corporate Real Estate)と言う事で
今後時価会計基準が取りざたされる様になるに従ってホットになって来る話かと思います。

プレゼンターはアビームM&Aコンサルティングの社長の岡さん(明治大学グローバルビジネス研究科兼任講師)と落合教授の両名でした。
岡さんの方が守秘義務契約があるので話せない中話せる範囲の前向きな話だったのに比して、
落合教授のプレゼンはご自身が働いていたタカラ・トミーの遊休不稼働資産を如何に使っているかという切実な話でした。

M&Aに関しては現在6月の株主総会後からだいぶ引き合いが増えてきているという状況の様です。
M&Aの中で不動産の価値が大きな要素を占めた案件としては
村上ファンドに狙われた阪神電鉄やダヴィンチが関係したTOCのTOB等の話が興味深かったです。

今後、再度日本の不動産にスポットライトが当たった際には
恐らく不動産の含み益があるがそれが評価されていない企業の株価が上昇する可能性を秘めていると思われました。
また、タカラ・トミーの工場は他業態へ変換したり、他の法人へ売却したりという流れがあった様です。
今後世の中一般で問題になりそうなのが、工場跡地等の遊休不動産の処理ではないかという事でした。

不動産の時価評価をする際には本来不動産の資産の部分のみならず、環境破壊等の負の負債の評価も重要になるという状態かと思います。
不動産の時価評価と言うのはこういった土壌汚染等の企業にとっては不動産のマイナスの部分にスポットライトを当てる機会になるという事でしょう。

http://www.minato-am.com/

みなとアセットマネジメントは不動産投資コンサルティングとして・アパートマンションビル経営・フルローン他アパートローン等投資用ファイナンス紹介・ファンド解約物件紹介・任意売却物件紹介・私的年金構築・相続対策等富裕層向けにご紹介